image

 

富士吉田市の名物「吉田のうどん」はB級グルメではなく、農林水産省選定のれっきとした郷土料理百選の1つ。富士吉田ではハレの日の行事にうどんを食べることが多く、結婚式や正月にも食べられる。

 

その特徴は“剛麺”とも称される、かめばかむほど小麦の味が楽しめる硬い太麺。この地域は昭和初期ごろ、織物業が盛んで、女性が機織りに従事中、男たちは昼食にうどんを作るように。力まかせに練っていたところ、めちゃめちゃ歯ごたえとコシのあるうどんになったら?。

 

そしてスープは醤油と味噌のブレンドが主流。具は近隣で生産が盛んなキャベツがド定番。ほか、にんじん、ねぎ、地元では家庭でもなじみ深い馬肉の甘辛煮。「ごま、さんしょう、唐辛子で作る薬味“すりだね”も欠かせないら〜」とは地元の声。食べたらわかる、個性のカタマリみたいな美味うどん!

 

山梨県を車で走っていると、目に飛び込んでくるのが、“ハッピードリンクショップ”の看板。地元では「HDS」とか「ハピド」と親しみを込めて呼ばれている自販機集合店鋪。

 

地元企業・フローレンが県内で約600店を運営。1店鋪に4〜7台の自動販売機が並び、数台の車やバイクが止められる“ひと休みスペース”も設けてある。“100円ドリンク”で喉もお財布も潤うとあって、ドライバーたちの愛されスポットなのだ!

関連タグ: