「ロト7では過去2回、同じ売り場から同時に2口の1等が出たことがある。いずれも周辺の証言などから、同じ人が当てたと報じられています。今回も1等2口19億4,000万円余りを、1人が独占した可能性が極めて高いですね」

 

そう語るのは『ロトナンバーズ「超」的中法』(主婦の友社)の石川修編集長。第265回ロト7(5月18日抽せん)で、1等9億7,327万3,800円が2口出た。その2口いずれもが楽天銀行のインターネット購入。総額19億4,000万円余りを1人が当てたとなると、宝くじ史上最高額だ。

 

ロト7は、01~37までの数字のうち出目数の7つを当てる宝くじ。その回に1等が出ないと賞金は持ち越され(キャリーオーバー)、最高10億円まで1等賞金が上がる仕組みだ。第265回はキャリーオーバーを含め、2口当せんで1口9億7,000万円余りになった。

 

さっそく当せんくじが出た楽天銀行に聞いてみた。

 

「今回、当せん額が高額なため、2口が同一人物かも含め、当せん者の情報はすべて非公開にしています」(楽天銀行広報IRチーム)

 

これをうけて石川さんは、こう話す。

 

「当せん者の個人情報非公開は当然ですが、仮に2口が別々の当せんなら、それは隠す必要はないので『2名当たりました』と公開するはず。それを伏せる楽天銀行の対応からみても、1人が19億円余りを当てたのは間違いないでしょう」

 

今回の19億円超を当てた人はどんな買い方をしたのか? 石川さんは次のように大胆分析する。

 

■2口購入は幸運な誤クリック?

 

「ネット購入は簡単に購入できる分、確認するのはすべて自分。回数と口数は隣り合ったボックスをクリックするので間違えやすい。実際、間違えて買った経験のある人は私の周囲にも多い。誤クリックで1口購入のつもりで2口買ってしまい、とんでもない幸運につながったように思います」

 

■数字の偏りを見抜いた鋭い勘!

 

「この回の当せん数字は、12、13、15、19、21、24、36と1ケタ台がなく10ケタ台が4つ。じつは前々回10ケタ台2つ、前回は3つという出目の流れから、この回は4つ出ると予想して数字を選んだのでは? 数字の偏りを読んだ直感力に脱帽」

 

キャリーオーバー次第では19億円を超える2口20億円のビッグチャンスの可能性もあるロト7。あなたも挑戦してみてはいかが?