入院中の高齢患者たちが5人死亡するという衝撃のニュース。岐阜県にある「Y&M 藤掛第一病院」で8月20日、病院本館3・4階のエアコンが故障。猛暑のなか、26~28日までに80代入院患者5人が死亡した。うち4人は故障後も冷房の効かない部屋に放置され続けていたという。司法解剖の結果、一部からは熱中症の所見が認められたと報じられている。

 

いっぽう病院側は病死と判断。死亡とエアコン故障の因果関係を否定している。院長の藤掛陽生氏は「部屋には扇風機を出した」と説明。「患者さんのなかには『暑い部屋がいい』という方もいるので残ってもらっていた。病院として問題があったとは考えていません」と答えた。なぜ、悲劇が起きたのか。近所の住民は、病院の現状をこう説明する。

 

「先代の院長はもともと町医者でしたが、早くから老人医療に目をつけて専門病院として特化していきました。それが評判となり、80年には旧館の向かいに大きな本館を建設。にもかかわらず、入所は順番待ちになるほどでした。しかし、二代目の現院長になると雲行きが怪しくなってきました」

 

そうしたなか、病院の体制も変化。藤掛院長が再婚すると、流れは加速していったという。

 

「最初の奥様は明るい人でしたが、今の奥様はきつい性格。財務部長を務めていて、お金に細かくシビアだそうです。病院の人が『新しい奥様はお金に厳しい。何をするにも彼女の許可が必要なので、たまったもんじゃない』と不満を漏らしていました。結果、彼女と合わない人が次々と辞めていきました」(地元関係者)

 

そしてさらに、驚きの“ドケチ指令”も飛び出していた。

 

「先代は自治会に多額の寄付をしてくれていましたし、自治会費も毎月6軒分払ってくれていました。自治会費は地区の電気代に充てられていて、細長い本館の前には何本も外灯があるからです。しかし現院長は『それはおかしい』と言い始め、1軒分に変更。今年1月には病院スタッフが夫妻の代理としてやって来て『自治会を抜けたい。だから、年末に支払った1年分の自治会費を全額返還してほしい』と言ってきたんです。自治会費?月1千円、年間1万2千円ですよ」(自治会関係者)

 

院長夫妻が月1千円を渋るとは……。そして老朽化するエアコン設備はそのままにされた。