千葉小4虐待死「あの笑顔の女の子が虐待されていたなんて…」
なぎさ容疑者は夫のDVと心愛ちゃんへの虐待を糸満市役所に訴え、市も勇一郎容疑者に面会を求めました。ところが……(写真はイメージです)

1月24日、父親の栗原勇一郎容疑者(41)による虐待で命を奪われた千葉県野田市の小学4年生の心愛ちゃん(10)。発見されたとき、体には複数のアザがあり、胃にほとんど内容物がなかったという。2月4日には、夫の暴行を幇助していた疑いで、母親のなぎさ容疑者(31)も逮捕された。

 

両親から激しい虐待を受けながらも、心愛ちゃんは懸命に「命のSOS」を発し続けていたことがわかってきた。

 

そもそも心愛ちゃんへの虐待は、3年前から始まったとみられている。彼女が小3の夏まで過ごしていた沖縄県糸満市を取材した地元紙記者が語る。

 

「’11年、勇一郎容疑者のDVが原因で、夫婦はいったん離婚。なぎさ容疑者は、しばらく実家で生活していましたが、’15年11月から心愛ちゃんと糸満市内のアパートで2人暮らしを始めます。ほどなくして、復縁をせまった勇一郎容疑者がアパートに出入りするようになり、近所では心愛ちゃんの泣き声やうめき声が聞こえるようになったそうです」

 

’17年2月に、2人は再婚。同年6月に、次女が誕生するが……。

 

「次女は低体重児で、母親も体調を崩して入院しました。父娘は2人の生活になり、暴力がいっそう激しくなったようです。たまらず、なぎさ容疑者は、夫のDVと心愛ちゃんへの虐待を糸満市役所に訴え、市も勇一郎容疑者に面会を求めました。ところがその面会を2度も拒否して、勇一郎容疑者は、強引に妻と娘を自分の故郷である千葉県に連れていったのです」(前出・地元紙記者)

 

’17年8月、家族4人は事件の起きた野田市内の家賃7万円ほどのマンションに移り住んだ。

 

「11月6日、転校先の野田市立山崎小学校のいじめに関するアンケート調査で、心愛ちゃんは《お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか》と初めてSOSを発します。それを受け、柏児童相談所は、彼女を一時保護。その後、市内に住む、父方の実家、心愛ちゃんの祖父母の家に預けられたようです」(全国紙記者)

 

ただ一度だけ「SOS」が聞き届けられ、祖父母の家に避難していたころの心愛ちゃんは笑顔で生活ができていたようだ。近所の住民はそのころ目にした心愛ちゃんの姿をこう話している。

 

「このあたりはお年寄りが多い住宅地なんです。だから、ランドセル姿の女の子が珍しくて、思わず挨拶してみたら、コロコロっとした笑顔を見せて“こんにちは”と返してくれたんです。とても感じがよかったから“おうちはどこ?”と尋ねると、小躍りするように、栗原さんの家を指さしました。そこで彼女が栗原さんのお孫さんだということを知ったんですが……。あの天真爛漫な笑顔が頭から離れないんです」

 

その後、命のSOSが届くことがないまま、心愛ちゃんの短い生涯は実父の手で閉じられた――。

関連カテゴリー: