世界最小赤ちゃんの奇跡 289gだった女児は間もなく20歳に
(提供:慶応大学病院) 画像を見る

「正直、子供が生きていられるかどうかわからなかったので、大きく育ってくれて本当に嬉しいです」   自力で母乳も飲めるようになった成長ぶりに、男の子の母親(30)は、そう喜びの気持ちを語ったという。   2月20日、男の子の赤ちゃんが慶應大学病院を退院した。彼が生まれたのは6カ月前の昨年8月下旬。妊娠24週での出生で体重はわずか...

【関連画像】

関連カテゴリー: