続く豪雨、なぜ日本は“水害”起きる?専門家が地形リスク指摘
画像を見る

10月12日から13日にかけて、東日本を襲った台風19号。豪雨に見舞われた河川が氾濫したことによる洪水被害や、土砂災害が引き起こされ、死者88人、行方不明者7人を出す未曾有の大災害となった。また、家屋の全壊、半壊、床上浸水などの建物被害は、7万5,891軒にも及び、生活再建までの道のりはまだまだ遠い状況にある。   今回の台風被害の特徴は、記録的な...

【関連画像】

関連カテゴリー: