小泉進次郎氏 育休断念にあった焦り…迷走に滝クリ失望の声も

「滝川さんは出産に向けウオーキングやマタニティヨガで体調を整えています」(服飾関係者)

 

’19年8月に小泉進次郎環境相(38)との結婚・妊娠を発表した滝川クリステル(42)。12月12日には自身のインスタで、臨月で産休に入ったと明かしている。

 

かたや夫の小泉議員は「環境省の職員が育休や産休、復職をしやすい環境を作りたい。自分のことだけ考えていてはダメだ」と検討していた育休取得を見送ると発言。政治部記者は言う。

 

「滝川さんは小泉議員に『大臣としての使命を最優先してほしい』と伝えているといいます」

 

先日、マドリードで開催された気候変動対策を話し合う「COP25」に参加した小泉議員。脱石炭の具体策を示せず、温暖化対策に消極的な国に贈られる「化石賞」を受賞する不名誉が世界に報じられた。

 

「就任以来、環境大臣として政策や答弁に一貫性がなく“セクシー発言”もあったりと、迷走感は否めません。自分への評価が低いことも想定外で焦っているようです。もともと自民党内で孤立していましたが、大臣となった今、相談相手もいなくて役人の言いなり状態。育休撤回発言も、こうした余裕のなさからでしょう。滝川さんは小泉議員の育休取得断念もさることながら、堂々とした彼らしさを発揮できていないことに失望しているようです」(永田町関係者)

 

そんな小泉環境相に、滝川は仕事面で刺激を与えているようだ。

 

「突然、小泉議員が番記者たちを前に動物保護の話をしだしたんです。新たな猟銃規制を設け、動物の無駄な殺傷を減らしたい、と。番記者の間でも、犬猫の殺処分ゼロ活動をする滝川さんの影響か……と話題になっています」(前出・政治部記者)

 

滝川が安心して出産&育児にとりくめる1年になるように、小泉環境相、’20年は頑張って♪

 

「女性自身」2020年1月1日・7日・14日号 掲載

関連カテゴリー: