高井崇志議員に止まぬ非難の嵐…首相の会食批判もブーメラン
(写真:時事通信)

立憲民主党・高井崇志議員(50)が4月9日、東京・歌舞伎町のセクシーキャバクラを訪れていたと報じられた。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、安倍晋三首相(65)が会食を連日行っていたことについて批判していた高井議員。ネットでは、非難が殺到している。

 

デイリー新潮や文春オンラインの報道によると、高井議員が訪れたのは女性の身体への接触などを伴う性風俗店。高井議員は合計120分、店内に滞在したという。両媒体によると、高井議員は「軽率だった」として来店を認めたという。

 

高井議員は2月、新型コロナウイルスの感染者が増加するなかで安倍首相が会食を続けていたと国会で批判。「総理の危機感のなさが国民の皆さんを不安にしている」「せめて今後、会食を自粛される考えはありませんか」と問いかけていた。

 

そのため今回の行動は「盛大なブーメラン」として、Twitterでは非難の声が殺到している。

 

《自粛要請中の総理の会食つめるも、高井本人は自粛せず》
《自分はセクキャバとか凄いな》
《批判する資格ゼロですやん》

 

いっぽう、高井議員には妻がいる。そのため《高井崇志議員の奥さんが気の毒》など、家族を心配する声も上がっている。

 

各メディアによると、高井議員は14日に離党届を提出。だが、立憲民主党は除籍処分としたという。

関連カテゴリー: