「不妊治療への保険適用」が妊娠率を低下させる…専門家が懸念
画像を見る

不妊治療を選択する夫婦は、年々増加している。厚生労働省の統計によると、夫婦5.5組に1組が何かしらの不妊治療を経験。体外受精で生まれた子どもの数も増加しており、’18年には過去最多の5万6,979人となった(日本産科婦人科学会)。同年の総出生数は91万8,400人で、16人に1人が体外受精で生まれた計算になる。   そんななか、菅義偉首相は2年後を...

関連カテゴリー: