山谷のけんちん汁店 84歳の店主が見た日雇い労働者の町の盛衰
画像を見る

午前4時半。夜も明けきらぬ仄暗い路地裏に、小気味よい包丁の音が響く。薄く開いたシャッターの隙間からは音とともに、厨房のほのかな明かりと湯気が店外に漏れ出ていた。   ここは、けんちん汁の専門店「大倉屋」。   なかでは、狭い厨房で高齢の男女が、開店の準備に忙しない。にんじんや大根、ごぼうなど、切ったばかりの野菜を大きな鍋で勢い...

【関連画像】

関連カテゴリー: