「友人全員失った」元“反ワクチン”派の女性が語る陰謀論の代償と後悔
画像を見る

「元々私は“コロナは存在しない”、“ワクチンは人口を減らすためのもので必要ない”と信じていました。身の回りにコロナに感染したという人がいたら、雇われた“工作員”だと考え『新型コロナのワクチンを打ったら、死んでしまうからワクチンは打たないほうがいい』と周囲の人を説得。その結果、学生時代の友達をみんな失って———。わかった気になり偉そうに語っていた自分が、今では本当に恥ずか...

出典元:

WEB女性自身

【関連画像】

関連カテゴリー: