「クランクインは墓場でビンタされるシーンだったんですが、リハーサルなのに本番さながら、9回もビンタされました(笑)。それで、“ああ、これが昼ドラなんだ”とわかり、気合いが入りましたね」

 

そう話すのは、昼ドラ『天国の恋』(フジテレビ系・月〜金曜13時30分〜)に出演中のジャニーズJr.・高田翔(20)。’04年『牡丹と薔薇』でセンセーションを巻き起こした中島丈博脚本に、ジャニーズ事務所の内博貴(27)、高田が出演する本作が早くも話題を集めている。

 

『天国の恋』は、古本屋の女房だった斎(いつき・床嶋佳子)が、官能小説を万引きしようとした青年・志田(高田)と出会い、女としての本能を呼び覚まされ、そして忘れられない初恋の先生・国友(内)にそっくりな潮(内)と出会い恋に落ちていくという話。もちろんお約束の過激なセリフや濡れ場あり。

 

「ベッドシーンはもう常連っす(笑)。3人監督さんがいて、皆さん演出が違うので、それぞれの好みがわかってきました。これって監督さんの趣味なのかなあ、と思ったり。でも、その要望にいかに対応できるか、自分のなかではミッションになっています」(高田・以下同)

 

1話では、高田がいきなり股間をつかまれるシーンも。

 

「『(股間の)角度が違うな』『不自然だな』と、10分くらいずっとスタッフさんが僕の下半身を見てたんですよ。ジャニーズに入って、まさかそんなことになるとは思っていませんでしたね(笑)」

 

高田は、このドラマの見どころを次のように語る。

 

「見どころは全部。僕が演じる志田ちゃんって都合の悪いときだけスゲエいい笑顔したりして、憎めないし、けっこうかわいいので、まずは志田ちゃんにハマってください。中盤、フツーにはありえないことが起きるんですが、もう、それを見た後の反響がめちゃめちゃ知りたいんです。『志田ちゃん?え??』ってなると思います。内くんも『何でやねん』ってその展開にビックリしていました」