2月8日(土)都内で映画『土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官REIJI』の試写会が行われ、主演の生田斗真(29)と三池崇史監督(53)が出席した。当日は記録的な大雪にもかかわらず会場には200人のファンが駆けつけた。
 
 
 
事前に集められた「嫌いな女性のタイプは?」などのファンからの直球質問に生田は頭をかきつつ戸惑った様子。生田が「話しながら口に入っちゃった髪をとるのが好き」と好きな女性のしぐさについて語ると、三池監督は「ただただ引くよね」とコメントし笑いを誘った。
 
 
 
また、潜入捜査にちなんだ「他にやってみたい職業は?」という質問に「音楽家に憧れます。・・・あっ、でも今はホットな話題ですね」とゴーストライター騒動で渦中の佐村河内氏を匂わせる発言。それをうけて三池監督も「僕も共犯です」と別人作曲家のコメントを引用し会場を沸かせた。
 
 
 
バレンタインについては「プライベートの予定ないんですよ」と寂しそうに答えたが、「形がいびつでも手作りは嬉しい」と本音を明かした。
 
 
 
同作は累計450万部を突破した高橋のぼる氏の人気コミックが原作。生田演じる警察官の菊川玲二がモグラと呼ばれる潜入捜査官として暴力団内部に入り込み悪戦苦闘する姿を描く。公開は2月15日。

関連タグ: