9月19、20日にハワイ・ホノルルで開催された、嵐の15周年コンサート『ARASHI BLAST in Hawaii』。2日間で3万人を動員し、日本ではパブリックビューイングで14万人が見守るなか、嵐の15年をギュッと凝縮したステージが披露された。

 

1999年9月の結成以来、今日まで15年。赤ちゃんが高校生になるほどの年月を、喜び、苦労、いろんな思いをともにして歩んできた5人。今ではすっかり成熟し、最強のグループに成長した嵐のメンバーが15年を振り返る。

 

【二宮和也】

「本当にありがたいことですが、嵐として仕事があることが喜びです。15年間いろいろなことをやらせてもらってきたなかで、“なにがいちばん”とか、“15年でもっとも”とかはないんじゃないかなって。達成感、緊張感、喜び……そういうものは日々、感じていることなので。

 

嵐として活動しているなかでは悲しみとも無縁だった気がします。そりゃ、僕だってドラマを見て泣いたりはしますよ。わりとなんでも(笑)。でも、悲しいことはなかったかな。

 

怒りを感じたことも、まったくなかったですね。ただ、たとえば雑誌の取材とかでも、自分たちの出ている意味っていうものが、そこにまったく感じられなかったら、言葉に出すこともあります。現場がまとまらなかったり、状況によってこれは僕が言ったほうがいいなってときも言います。自分がどうこうというよりも、そうしないと終わらないなって。そういうところはあるかもしれないですね。

 

楽しいことといえば、やっぱり仕事。いままでやってきたことはすべて楽しかったし、この5人は仕事でしか会わないので。だからかな、どうしても仕事をしているときがいちばん楽しくなっちゃいますけどね。

 

メンバーとは15年以上前に出会いましたが、大野さんはゆったりした人だなって、翔さんはしっかりした人だったし、松本さんはまじめだなって思ったし。相葉さんのことはよく覚えてないけど(笑)。みんなそのころからまったく変わっていないと思いますよ」

関連タグ: