最近ではソロでの活躍が目覚ましいV6も、デビュー20年目に突入!いざそろうと少年のような仲のよさがあり、完熟したグループならではのチームワークがある。そんななか、長野博(42)がメンバーについて語った。

 

自分もミュージカルをやると、体調管理やキープすることの大切さをより感じるので、それを続けている坂本くんはすごいと思いますね。気持ち的にも体力的にも大変なことですから。努力を見せる人ではないけど、そのために陰で何かやってるんだろうな。

 

井ノ原(快彦・38)は、今や朝の顔ですよね。昔からトーク力があってMCを仕切ってたし、そういう力があったから『あさイチ』につながった。もともといろんなことに興味を持っていたけど、また一層視野が広がったように感じますね。

 

(森田)剛(35)は、舞台とかがすごくいいんですよね。年齢を重ねて、より雰囲気が出てきた。前に丸刈りにしたときは、守るものがなくなったからなのか(笑)、バラエティとかでもハジけてて。そんな剛もよかったです。

 

(三宅)健(35)は、ずっと少年の心を持っている人。真理というか、物事を深く見ていると感じますね。共演者、特に年上の人に、とてもかわいがっていただいて、「その人にタメ口きけるの!?」って驚かされます。

 

岡田(准一・33)は、下積みもなくいきなりグループに入ってきていちばん大変だったと思うし、歌にしても踊りにしても芝居にしても、何の仕事にしても、いちばん変わったと思う。体つきも変わりましたし。何でも突き詰めるんです。

 

僕は、飽きっぽくて、興味を持ってもあまり続かなかったりするんですが、そんななかで、食やバイクは好きで、今も興味を持ち続けてる。極めたいというより、好きなことは知りたくなっちゃうんですよ。それが仕事に生きているのはうれしいです。

 

V6はマニアックなものを持っている人ばかりが集まったグループ。だから、それぞれが、6人で集まったときにひとつのパワーになればいいんじゃないかなと思いますね。

関連タグ: