最近ではソロでの活躍が目覚ましいV6も、デビュー20周年目に突入!いざそろうと少年のような仲のよさがあり、成熟したグループならではのチームワークがある。そんななか、三宅健(35)がメンバーについて語った。

 

今年、10年ぶりにドラマをやらせていただいたのですが、自分でもビックリするくらいに緊張してしまいました。やっぱり定期的にやっていないと怖いくらいに忘れてしまうし、感覚って鈍りますね。常日ごろから磨いていかないといけないな、と思いました。

 

ドラマには坂本(昌行)くん(43)もゲストで出演してくれたんですが、坂本くんも「久々で本当にドキドキする」と言っていてちょっと安心したりして(笑)。もちろん本番ではいい仕事して、颯爽と帰っていきましたけどね。

 

長野(博)くん(42)は、世の中的にも芸能界的にも“食にこだわるアイドル”というのが認知されましたよね。昔からご飯が好きなことは知っているし、僕らもそれを誰に頼まれるのでもなくあちこちで話して回っていたので、今の状態は本当にうれしいです。

 

井ノ原(快彦・38)くんはもともと勉強熱心で、いろんなことに詳しかったけど、『あさイチ』をやるようになってさらに知識が豊富になりました。もし何かの災害に遭遇したら、一緒に逃げたい(笑)。

 

森田(剛・35)くんは、舞台を見にも行かないような人だったのが自分がやるようになって。数々の有名な演出家の方たちからいただいたチャンスを、毎回自分の手で物にしていて素晴らしいと思います。役者さんとして僕は好きですね。

 

“軍師官兵衛”(岡田准一・33)は、いちばん経験がないなかでV6に入ってきて、たくさんのことを学んで、常に変化を求めて努力をしてきた人という感じ。国民栄誉ともいえる大河ドラマの主演を張れるようになったのは、まさにその努力のたまものだと思います。

 

V6はそんな職人かたぎな人たちのグループ。これまでいろんなジャンルの歌を歌ってきて、今回で44枚目のシングルです。V6が年齢を重ねただけ“V6の音楽”も年齢を重ね、その年齢分の説得力が歌にも出てきたと思います。これからも今までのように僕たちにしかできない音楽を作り続けたいです。

関連タグ: