「池上さんは、何を聞いても答えてくださるので心強かったです」

 

そう話すのは櫻井翔(33)。8月4日に放送される『戦後70年特別番組 櫻井翔&池上彰 教科書で学べない戦争』(日本テレビ系、午後9時〜)で、パプアニューギニアのラバウルへ行った櫻井は、零戦の取材と、遺骨捜索を。過去には同国に亡き祖父も取材に訪れていた。

 

「祖父が地方紙で取材していた場所に行き、孫がこうして全国放送でお伝えできるということに、歴史的な使命感のようなものがありました」(櫻井)

 

5年ぶりに櫻井と共演したという池上彰(64)は、櫻井のMCぶりを絶賛する。

 

「5年前は初々しい青年。かわいいなと思っていましたが、立派に成長されて心強く、うれしく見ていました」(池上)

 

櫻井は、戦後70年特番に挑んだ心境を次のように語る。

 

「実際に戦争を経験された方たちとの間に入れるギリギリの世代だと思っています。なるべく多くの方にお会いし、生の声を聞き、残していくことが僕らの世代の責任です」