image

「芸達者な共演者の方々との掛け合いはすごく楽しいし、現場も明るくて活気があります。すごく刺激に満ちた毎日です」

 

そう語るのは、高視聴率で今期ドラマのトップを独走している『99.9−刑事専門弁護士−』(TBS系・日曜21時)で、主人公の弁護士・深山を演じている松本潤(32)。深山は、0.1%の可能性にこだわり事実を追求する型破りな弁護士だ。

 

松本自身もすべての真実を知りたいだろうか。

 

「知りたいと思うのは、欲求だと思うんですよね。追求したいという欲求。それは好奇心や探究心からきているものかもしれないし。僕にもそういう欲求はあると思いますよ。人と比べられないから、どの程度強いかはわからないですけど(笑)。でも、その欲が自分を動かす潤滑油的な役割になっているんじゃないかと思っています」

 

事実に向かっていく姿からは、闘う男の強さも感じる。

 

「最近よく思うのは、わかりやすく正面切って強さを出すことがすべてではない、ということかな。内に秘めた強さを感じるようになったというか。そういう意味でいうと、やっぱり女性のほうが強いんじゃないかな、と思います」

関連タグ: