image

 

「楽屋の名札に5人の名前はなく、スタジオの入り口には番組名すら張り出されていませんでした。スタッフも廊下では人目を避けてヒソヒソ話すほど。収録はそんな厳戒態勢のなかで行われました」(フジテレビ関係者)

 

12月8日、都内のスタジオで「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)の収録が行われていた。お昼過ぎにメンバーたちを乗せた車が続々と現場入りしていく。木村拓哉(44)だけは姿が見えたものの、他のメンバーを乗せた車は後部座席をカーテンで隠す徹底ぶり。詰めかけていた50人ほどのファンからはため息も漏れていた。そんななか、この日のスタジオには意外なゲストの姿があったという。

 

「タモリ(71)さんです。メンバーとは公私にわたって親交があり、信頼も厚い。そのため最後の『ビストロSMAP』のゲストにオファーされたんです」(前出・フジテレビ関係者)

 

この模様は、19日に放送される予定。そのため26日の最終回で生放送出演が実現しなければ、これが“最後の5人での出演”になってしまう可能性もあるのだ。気になるスマスマ最終回は、5時間の長丁場。彼らが生出演するかに注目が集まっている。前出のフジテレビ関係者は「このタモリ出演が最終回に及ぼす影響は大きい」という。

 

「最近は重苦しい収録が続いていましたが、この日は“あんなに明るい5人の表情は久しぶり”というくらい笑顔でした。昔の思い出話で盛り上がり、タモリさんからは『大変だろうけど頑張って』というような5人をおもんぱかる言葉もあったそうです。最終回に5人が生出演する話は、絶望的とも言われていました。しかしタモリさんが参加した収録現場で見られた5人の“結集ムード”に、局はこれまで以上に強気の交渉を進めています。いつ生放送になってもいいように何パターンかプランを用意し、調整できる体制を整えています」

 

また別のテレビ局関係者も、こう語る。

 

「NHKも紅白出演の交渉を続けていますが、現時点では100%ないといわれています。NHKは『生出演がダメならホテルの一室からの中継でもいい。歌がダメなら一言ずつもらって出演シーンを振り返ってもらうだけでもいい』とまで譲歩しています。それだけにフジも全力で生出演実現に動いています。まさかの展開もありえるのではないでしょうか」

関連タグ: