image

 

「覚悟を決めて挑むことにしました。毎年、何かしらにチャレンジしてみたい、という気持ちがありましたが、今回の仕事は、肉体的にも精神的にも、ここまでの挑戦に踏み切れるのは最後かもしれない、という思いもありました」

 

こう語るのは、東山紀之(51)。櫻井翔(35)、小山慶一郎(33)……、と報道番組で活躍するジャニーズの後輩たちに続き、この秋から『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系・日曜5時30分〜)で、ニュースキャスターに奮闘中だ。

 

「20代のころから、朝起きたらストレッチをやりながら新聞を読むのが僕の日課。新聞の切り抜きも趣味でやってきました。俳優の仕事のためにも、時事ネタは必要なのかな、と常に思っていたので。51歳。父親という立場からも、これから子どもの未来をどう救うのか、という視点でニュースを切り取っていけたらと思っています」

 

体当たりの取材にも強い意欲をみせる。

 

「今は、北朝鮮の問題がいちばん大きな情勢だと思います。そこを僕なりの目線でどう見ていくか、ですね。実際に平壌に行って取材ができたらとも思っているんですが、なかなか今は難しい時期のようですから」

 

ジャニーズの後輩がキャスターをしている番組は見ているのだろうか?

 

「後輩たちの番組はバラエティ含め基本、見るようにしています。みんな自然体で自分の感性を生かしているな、と思いますね。(国分)太一は情報番組もバラエティもそれぞれ楽しんでいるようで、ああやって人間性が豊かになるのはいいことだな、と思います。城島(茂)は『週刊ニュースリーダー』(テレビ朝日系)だけじゃなく、DASH島を開拓しながら民謡の番組までやってる(笑)。みんな幅広くいろいろやっていて、たいしたもんだな、と思いますね」

 

’85年『仮面舞踏会』でレコードデビューしてから32年。容姿もストイックさも当時と変わらなぬ東山。最近、何か変化したことはあるのだろうか。

 

「食事は野菜中心で、前ほどお肉は食べなくなりました。朝は野菜ジュース、あとはおそば、とか和食が多いかな。自宅で食事をとるようになったし。コーヒーも、昔はほとんど飲まなかったけれど、40歳を過ぎたころ、アメリカのスターバックスでコーヒーフラペチーノを初めて飲んだら、『こんなにおいしいんだ』と感激してね、大好きになりました。今は砂糖とミルクをたっぷり入れて毎日飲んでいます。体力作りとしてジム通いも続けているけど、時間があれば生放送が終わってから、走って自宅に帰る日も作ってみようと思っています(笑)」

 

底なしのパワーには、ただ脱帽です!

関連タグ: