image

 

今年、映画『関ヶ原』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞した岡田准一(37)。もはや日本映画界にとって欠かせない俳優の1人といえる存在だが、「役者の世界で30代はまだまだ前哨戦。40代になって、どんな代表作を残せるかで決まる、と先輩方には言われているんです」と話す。

 

授賞式を前にした2月中旬、昭和の名優・志村喬さん(享年76)の歴史をたどる「志村喬記念館」を訪問した際、岡田は芝居に対する思いを語ってくれていた。

 

「志村さんの出演作や人となりについて知るようになったのは、かつて(高倉)健さんに『ぜひ志村喬記念館に行って、役者として勉強をしてほしい』と人づてに声をかけてもらったことがきっかけでした。はじめて訪れたのは’13年で、それ以降ここに来ては、お二人に『これからも頑張ります』という約束をしたり、気持ちを引き締めたり……。役者という仕事の原点に立ち戻って、スイッチを入れ直す場所になっています」(岡田・以下同)

 

志村喬は映画『生きる』に47歳で、高倉健は映画『八甲田山』に46歳で出演、後にそれぞれ自身の代表作となった。2人の名優の系譜に感じ入りながら、彼は自身の今後について次のように語る。

 

「大きな目標ですが、そのころ志村喬さんや高倉健さんに見えていた景色を、僕も見ることができたらいいなと日々思うんです。そのためには、いまをどう過ごすのか。今後に向けて自分の中でより濃く本気でいろいろなことを考えようと思っています。自分の人生経験は、芝居にも影響してくるものだと思いますし」

 

’03年『COSMIC RESCUE』で映画デビューしてから、アイドルと役者の両輪でトップを走り続けてきた岡田。

 

「当時から応援してくれている人は、一緒に年齢を重ねて、僕の人生も見守り続けてくれている。自分でもおもしろい人生だと思っています。先輩、監督、V6のメンバー、そしてファンのみんな。今の自分があるのは、そうした人々とのご縁のおかげですし、みなさんには本当に感謝しています」

 

スイッチを入れた彼の横顔は、役者としてのこれからに、いっそうの期待を抱かせてくれたーー。