image

 

TOKIOの松岡昌宏(41)と城島茂(47)が異色のコラボを果たす。

 

松岡が女装で家政婦を演じるドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)。その主題歌を城島が女装した歌手“島茂子”として担当すると3月31日、テレビ朝日のホームページ上で発表された。

 

また島は5月16日、同ドラマ主題歌を収録したDVDシングル「戯言」を発売。島は主題歌を担当することについて「ミタゾノさんとのちょっとしたご縁」と、喜びを語っている。

 

「大変幸せな巡り合わせ。島は本当に果報者」

 

島は昨年8月に発売したTOKIOのシングル「クモ」に、カップリングナンバーとして「女の坂道」を収録。同月には都内でリサイタルを行い、2,000人を集客したという実績を持つ。

 

念願の“ソロデビュー”に、島は意気込んでいる。

 

「桜前線北上のニュースが聞こえてくる今日この頃。島茂子、ほんの少し遅咲きではございますが、これからも日々精進してまいります」

 

同局のホームぺージでは、島のヴィジュアル写真も公開。紫と金の妖艶な衣装に身を包んだ、気品のある佇まいを見せている。

 

Twitterではそんな島の艶っぽい姿に、絶賛の声が上がっている。

 

≪島茂子さんデビューおめでとうございます!お美しい!≫

≪島茂子さん、お綺麗な方ね……。真っ赤なマニキュア似合ってるわ≫

≪茂子先生美人だし、そろそろ仕事も慣れ始めてくる時期だから歳上のバツイチ独身の会長とかと熱愛出ないように気を付けて!!!≫

 

さらにTOKIOのチャレンジ精神を讃える声も。

 

≪農家でありアイドルであり女装家であるTOKIOすごい≫

≪TOKIOはこれ以上どこへ行こうというのか笑≫

≪ガールズバンドとして売るという手もあるぞ……≫

 

これからもあらゆる挑戦をして、ファンを楽しませてほしい。