image

「(映画を見て)思わず泣いてしまいました」

727日に頸椎椎間孔切除手術をし、年内はロスでリハビリに専念しているYOSHIKI

順調に快復しているようで、先週はLAで開催された「ATOM」のプレミアに元気な姿を見せた!

手塚治虫の不朽の名作「鉄腕アトム」の初の本格的映画「ATOM」。

1023日の全米公開に先立ち、19日(現地時間)に催されたLAプレミアの会場には、ファン2000人が集まり90以上もの取材陣が集結し、役所広司や手塚眞、アトムの友達・コーラ役の吹き替えをしたクリステン・ベルとともに、YOSHIKIも登場し、プレミアの会場に一層の華やかさを添えた。

映画でテンマ博士の吹き替えを担当した役所広司は、「これほど華やかなLAプレミアでこんなに多くの人に見てもらいとても嬉しい」と満面の笑み。

image手塚治虫の息子である眞は「32年前に父とここで、『スター・ウォーズ』を見たことを思い出しました。今日は父が一緒にいると思います」と、天国の父・手塚治虫との思い出を語った。

実はこの映画の音楽プロデューサーを担当することが決まっていたYOSHIKIだが、7月の首の手術と重なり断念したという。

主題歌を担当するお話もありましたが、首の手術とかさなり、出来なくて大変残念に思っております。

子供の頃、『鉄腕アトム』で育ったので、長い期間を経て、この映画『ATOM』をアメリカで見ることが出来てとてもうれしいです。(映画を見て)思わず泣いてしまいました。多くの方に見ていただきたいと思っています」と、「鉄腕アトム」への思いを語ったYOSHIKI

「(YOSHIKIの)デビュー時に感じた優しいオーラは、時を越えても同じ優しさ」(TERU

  そして今月、ロス在住のYOSHIKIの元を懐かしい2人が訪れていた。

2人とはGLAYTAKUROTERU

image今年デビュー15周年を迎えたGLAY。彼らのデビューのきっかけを作ったのは、YOSHIKIだった。

 当時、ライブハウスで活動していたGLAYに目をかけたYOSHIKI

アマチュア時代にTAKUROが作詞作曲した「Julia」という原曲に、YOSHIKIプロデュースのもと、「RAIN」でメジャーデビューを果たしたのだ。

原点に立ち返るべくGLAYTAKUROTERUが、夢のはじまりの場所LAYOSHIKIを訪ね、奇跡の再会、そして対談が実現した。

日本のエンターテイメントにロックバンドとして数々の伝説の足跡を残したGLAY。その偉大な物語の始まりを運命づけた恩人YOSHIKIとの再会は、GLAYに新たな歴史を刻むこととなった。

image

TERUは自身のブログでその模様を、

YOSHIKIさんとちゃんと話せたのは15年ぶり。対談したのは3日前」と綴り、さらに対談後には一緒に食事に出かけたことを報告。

「音楽は時間すらも軽々と越える。デビュー当時に会った時に感じた、優しいオーラは、時を越えても、同じ優しさで僕らを包んでくれた」と結んでいる。

15年という長い時間を越えて楽しい時間を過ごした3人。

その模様は、NHKSONGS」で1021日にオンエアされ、27日(火曜)にもNHK総合で午後315分~再放送される。お見逃しなく!!

次回はYOSHIKIが「ハローキティ35週年パーティーに登場! yoshikittyもアメリカで初お披露目!」を紹介します。

 

関連タグ: