「何があってもHIDEはX JAPANのメンバー…・・・その気持ちに変わりはない」
YOSHIKI HIDEの肖像権問題を、冷静にコメント

YOSHIKI率いるロックバンドX JAPANが8月14・15日、横浜日産スタジアムで初の野外ライブ「超強行突破 七転八起~世界に向かって~」に13万人のファンを集め、さらに18年ぶりの元メンバーTAIJIがゲスト出演し、史上初「7人のX JAPAN」として成功をおさめた翌朝、スポーツ紙が、「HIDEの所属事務所が、HIDEの肖像権使用禁止を求め、YOSHIKIの事務所に訴訟を起こす予定がある」という記事を掲載。
「映像があろうとなかろうと、HIDEと一緒に世界に羽ばたこうと思っている意思はかわらない。そしてHIDEの偉大さを世界中に伝える」
と、今回の報道を受けて、リーダーYOSHIKIは、8月19日コメントを正式に発表した。
HIDEへの友情、そしてX JAPANのリーダーとしての責任を果たそうと、ファンへの気遣いに満ちたメッセージを、自らの言葉で表現したYOSHIKI。先月8日にも帰国してHIDEの墓前に、アメリカ公演の成功を誓っていた。

また、9月25日からスタートする「X JAPAN」全米ツアースケジュールも発表に!
2010年9月25日(土) ロスアンゼルス Wiltern Theatre
2010年9月28日(火) オークランド Fox Theatre
2010年10月1日(金) シアトル Paramount  Theatre
2010年10月3日(日) バンクーバー Queen Elizabeth  Theatre
2010年10月6日(水) シカゴ Riviera
2010年10月7日(木) トロント Massey Hall
2010年10月10日(日) ニューヨーク Roseland

YOSHIKIの事務所も、この報道に関して声明を発表し、「先日の日産スタジアムライブでのチケットの手配依頼や先行販売などで、コンサートに向けて一緒の仲間として動いているものだとばかり思っていたので、今回の記事がでたことについて、非常に理解に苦しみます。記事にあるのは事実に反する内容は虚偽であり、それを理由に訴訟を起こすということが事実であれば、逆に法廷の場でこれまでの事実関係をすべてはっきりさせたい」と、相手の対応次第では逆提訴の可能性を示唆した。ファンからは「HIDEが一番かわいそう。でもHIDEはいつまでも一緒」との声もあがっている。

(以下はYOSHIKIのコメント全文)
「今回のこの問題は、HIDEの遺族の方々の意思でないことを願っている。
そしてこの問題は自分が解決する。
このような事になって一番悲しんでいるのはHIDEだと思う。
映像があろうとなかろうと、HIDEと一緒に世界にはばたこうと思っている意思は変わらない。
そしてHIDEの偉大さを世界中に伝える。
みんなに心配をかけたくないけど、戦う必要があるならば自分は戦う。
そして何があってもHIDEはX JAPANのメンバー…・・・その気持ちに変わりはない。
ファンのみんなが応援してくれているから、自分達はどんな壁が立ちはだかっても前に進んでいける。
YOSHIKI
PS.日産スタジアムの2日間、本当にすごい声援をおくってくれてありがとう。自分たちにとっても、とても思い出に残るコンサートになりました。感謝してるよ!!」

関連タグ: