image

人気アイドル『アイドリング!!!』より “後藤郁”(ごとうかおる)を新メンバーに加え、デビューシングル『mero mero』と共に、7人組“アイドリングNEO”が遂に始動開始!!

11/13発売第1弾シングルは、『アイドリング!!!』とCD同時発売でガチンコ対決!!

 

フジテレビ『アイドリング!!!』(毎週木曜26:45~放送中)の番組より誕生した、“アイドリングNEO”(読み:アイドリングネオ)が、新たに人気アイドルグループ“アイドリング!!!”より移籍した、新メンバー後藤郁(ごとうかおる)(17)を加え、7人組の “アイドリングNEO”として、始動することが決定。

また11月13日発売予定の“アイドリングNEO”のデビューシングル『mero mero』(読み:メロメロ)は、“アイドリング!!!”の21枚目となるシングル『シャウト!!!』と同日発売となり、この2つのグループがCD売上げの枚数を競い、売上げ枚数で負けたグループには過酷な罰ゲームが待っているという対決企画となっている。

 

“アイドリングNEO”のメンバーは、今年4月にZepp Tokyoで行われた“アイドリング!!!”のライブツアー「西へ!東へ!ミステリィツアーング! 2013」にて、アイドリング!!!の新メンバーオーディション開催発表の後、7月にお台場にて行われた「TOKYO IDOL FESTIVAL2013」にて、新メンバーとして、31号古橋舞悠(ふるはしまゆ)(14)、32号 関谷真由(せきやまゆ) (18 )、33号橋本瑠果(はしもとるか) (13)、34号佐藤麗奈(さとうれな) (14)、35号佐藤ミケーラ倭子(さとうみけーらわこ) (17)の5人の加入を正式発表。

その後8月の「アイドリング!!!」番組放送内にて、通常であればアイドリング!!!6期生になるはずのこの5人が、突然のフジテレビ上層部の通達により、 新ユニット“アイドリングNEO”でのアーティスト活動が言い渡されました。さらに音楽プロデューサーにSPEEDを育てた伊秩弘将を迎えることに加え、アイドリング!!!23号伊藤祐奈(いとう ゆうな) (18)が“アイドリングNEO”に移籍が発表され、6人編成となり、8/31(土)に味の素スタジアムで行われた「a-nation stadium fes.」にてデビュー曲「mero mero」のライブ初披露が行われたばかり。

 

今回新たに、“アイドリング!!!”より後藤郁”(ごとうかおる)が新加入し、7人組として誕生した“アイドリングNEO”と“アイドリング!!!”の11/13日発売のCD同日売上対決。負けたグループは過酷な罰ゲームという番組企画。

尚、この“後藤郁”の新加入の発表の模様は、今週9/19(木)26:45~放送予定のフジテレビ『アイドリング!!!』番組内にて放送予定。

 

●アイドリングNEOメンバーコメント

【アイドリングNEO 31号 古橋舞悠(ふるはし まゆ)(14)コメント】

人数的にも少ないですし、ファンの方がついて来てくれるか心配ですが、勝つしかないので、精一杯がんばります。私たちのキャラだったら絶対ファンの方がつくと思うので頑張っていきたいです。

絶対に負けません!絶対に勝ちます!NEOが負けて解散したら泣いちゃいます!

 

【アイドリングNEO 32号 関谷真由(せきや まゆ)(18 )コメント】

今回の楽曲は、すごいノリノリでダンスもキレキレになっているので、たくさんのファンの方に楽しんでいただけるように一生懸命頑張りたいと思います。ベテランの二人がいるので見習って、7人全員で頑張っていきたいと思います(笑)

 

【アイドリングNEO 33号 橋本瑠果(はしもと るか) (14)コメント】

今回、アイドリング!!!と戦うからには絶対に、絶対に、絶対に負けたくないので、みんなで力を合わせて頑張ります!アイドリング!!!とは違った形で7人で頑張っていきたいです!

 

【アイドリングNEO 34号 佐藤麗奈(さとう れな) (14)コメント】

NEOの新メンバーは本当に元気なので、元気はアイドリング!!!本隊のみなさんに負けていないと思うのでぜひ勝ちたいと思います。(アイドリング!!!から異動した)伊藤さんと後藤さんとかのたくさんのファンの方がいるので、そのファンの人が絶対こちらに来るので大丈夫だと思います(笑)負ける気がしないので宜しくお願いします。

 

【アイドリングNEO 35号 佐藤ミケーラ倭子(17)コメント】

負けたら罰ゲームがあるらしく、やりたくないので、絶対に頑張ります!1人、3人分ぐらい元気があるので大丈夫です。絶対に負けないぞ!おー!アイドリング!!!とは違った色で頑張っていきたいです。色は紫です(笑)イメージです(笑)

 

【アイドリングNEO 23号 伊藤祐奈(いとう ゆうな)(17)コメント】

アイドリングNEOは、7人全員負けず嫌いなので、負けず嫌い度でいえば、現在のアイドリング!!!を超えているんじゃないかと思います。この負けず嫌いで努力して、絶対にアイドリング!!!本隊に勝ちたいと思います。

人数少ないということは、逆に凄いことだと思います!曲のソロももらえて、PVだってたくさん映りますし、逆にそうところを活用して頑張っていきたいです。いろんな人に新曲『mero mero』流行らせて、いろんな人を『mero mero』にしたです!!

 

【アイドリングNEO 25号 後藤郁(ごとう かおる)(18)コメント】

この中で一番上ということで、アイドリング!!!に対しては下克上的なところもありますが、この7人だったら、アイドリング!!!に勝ちにいけると思いますので、宜しくお願い致します!

人数少ない分、パフォーマンスが見やすくなると思いますし、違った刺激があると思うので、新しいパフォーマンスが見たいと思ったら、NEOの方に来て下さい。(アイドリング!!!に対して)いじられキャラだけど、見てろよ!!

 

【アイドリング!!!総合プロデューサー神原 孝コメント】

<なぜ、伊秩弘将氏に音楽プロデュースをオファーしたか?>

アイドリングNEOは、まだまだ未完成な5人の新メンバーがいるユニットで彼女達を、アイドルとしてだけでなく、アーティストとして育てていくには男女問わず、幅広い層の支持を集めたSPEEDを育てた伊秩さんが適任だと考え、お願いしました。

 

【音楽プロデューサー伊秩弘将(52)コメント】

<“アイドリングNEO”の結成に対しての想いは?>

“NEO”というネーミングに集約されていると思いますが、アイドルと呼ばれる人達がたくさんいる中で、新しいアイドルをつくるというよりは、“新しいかたまり感”というか“新世代感”をもったアイドルをつくりたいと思いました。

私自身過去にデビューに立ち会うことが非常に多かったのですが、デビューに立ち会えるっていうのは、本当に、一番、エキサイティングなものなので、今回、それを作ることができるということで“NEO”というネーミングをつけ、そこに新しい意味を含みたかったのです。

最近健康的なアイドルが多い中で、ローティーンからミドルティーンの中の女の子のリアルな気持ちや、10代のドキドキ感、内面の熱い想いみたいなものを“NEO”が代弁していくようなグループになってほしいと思います。

 

<アイドリング!!!から移籍するメンバーが、後藤郁になった理由は?>

「番組上層部の意向で、伊藤に加えて後藤が参加することになりました。

伊藤とのコントラスト、声質、キャラを考えても、後藤郁の参加はアイドリングNEOにとって良い事だと思います。」

 

●アイドリング!!!メンバーコメント

【アイドリング!!!16号 菊地亜美(23)コメント】

<今回の企画について>

新メンバーとはまだ日が浅いうちに、いきなり対決企画を聞いたので、

正直ビックリしました。新メンバーのみんなはすごくやる気にあふれているので

不安になることもありますが、勝ちに行きたいと思います。

 

<予想される罰ゲームは?>

メンバー半分くらい卒業、というのはどうですか?

 

<伊藤&後藤へ>

人気メンバーである二人なので、NEOをしっかりまとめて

本気で向かって来てほしいですね。

 

<不満>

ちょっとNEOに入りたいかも、という気持ちのブレが一時ありましたが(笑)、

大人が決めたことですからね…。

アイドリング!!!本体よりも人数が少ないので、NEOのメンバーに対する

スタッフさんの気遣い具合や愛情の深さを感じてしまうところでしょうか。

 

<メッセージ>

今回の対決企画で、お互いが「負けない!」という気持ちで真剣勝負をして、

その結果みんなで一緒にステップアップできたらなと思います。

応援のほどよろしくお願いします。

 

【アイドリング!!!3号 遠藤舞(25)コメント】

<今回の企画について>

私も「応援したいな」と思ってしまったくらい、新メンバーは歌にダンスにとても頑張っているので、この企画を聞いた時は不安な気持ちも抱きましたが、これをきっかけに後輩たちも

良い刺激を受けて奮起してくれたらな、と期待しています。

 

<予想される罰ゲームは?>

負けたら解散。

 

<伊藤と後藤へ>

先輩として新メンバーをうまくリードしていってほしいと思います。

 

<メッセージ>

チビ共には負けません。

関連タグ: