image

ソフトバンクモバイルのスマートフォン向け総合エンタメアプリUULA(読み:ウーラ)で、今夏公開の大ヒット映画「風立ちぬ」でヒロイン役の声優を務めるなど、今注目の女優・瀧本美織を主演に迎えたオリジナルドラマ『指恋(ゆびこい)~君に贈るメッセージ~』を12月4日(水)より独占配信。

 

共演には、全世界を席巻中のモンスターグループ“BIGBANG”のメンバーであり、日本でのドラマ出演は「金田一少年の事件簿香港九龍財宝殺人事件」以来2本目の出演で、役者として着実にステップアップをしているV.Iや、若手ながら演技経験も豊富な実力派・本郷奏多を中心に、寺島進、片桐仁(ラーメンズ)、菜々緒、YOUといった個性豊かな豪華キャスト陣が脇を固める。また、来春公開の注目作『黒執事』の公開も控える大谷健太郎がメガホンを取り、役者それぞれが持つ表情や魅力を切り取った、細やかな演出で仕上げた。

 

物語は、瀧本美織演じる主人公の大学生・美羽が住む家に、V.I(from BIGBANG)演じる韓国人留学生・スンホがホームステイにやって来ることから始まる。

美羽は、大学のアイドル的な存在である同級生・正樹(本郷奏多)への恋心を募らせる一方で、日本語を“話す”ことは出来ても、“書く”ことが出来ないスンホのために、想いを寄せる初恋の相手への“恋文メール”を、スンホの代わりに打ってあげるうちに、素直な想いを言葉にするスンホの実直さに心惹かれていく。

不器用で想いをうまく表現できなかった美羽が、少しずつ自分の気持を伝えることの大切さに気づき、すれ違いながらもそれぞれの恋が展開していく。

 

本作は、実社会で今最も身近なコミュニケーションツールとして使われている<メール>をテーマに、想いをうまく言葉に出来ない若者たちが、すれ違いながらも<メール>のやり取りをきっかけに恋を発展させていく模様と、そんな若者たちを取り巻く登場人物たちの人間模様を繊細に描いている。独身女性の7割以上が、「好きな人はいるけど、想いを伝えることも出来ていない」(※マイナビウーマン調べ)という現実に、あらためて自分の想いを言葉にして、伝えることの大切さを実感することができる、ユーモラスで温かいドラマを制作している。

 

主題歌には、ドラマからインスピレーションを受け、本作のためにV.I(from BIGBANG)が初めて日本語で書き下ろした『空に描く思い』(10月9日発売アルバム「LET’S TALK ABOUT LOVE」収録曲)を起用。 好きな人への想いを綴った、前向きでポップなラブソングが、音楽で物語を爽やかに演出していく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ドラマ公式サイト】http://uula.jp/sp/yubikoi

【UULA公式サイト】uula.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー