image

都内の大学にてUULAドラマ『指恋(ゆびこい)〜君に贈るメッセージ〜』配信記念イベントが開催された。

ゲストとして、ドラマの主演である瀧本美織、共演のV.I(from BIGBANG)・本郷奏多に加え、本作の監督を努めた大谷健太郎が登壇した。

 

本作は、実社会で今最も身近なコミュニケーションツールとして使われている<メール>をテーマに、

想いをうまく言葉に出来ない若者たちがすれ違いながらもメールのやり取りをきっかけに恋を発展させていく模様を繊細に描かれている。

 

イベントは、ドラマ第1話の上映からスタート、その後瀧本美織、V.I(from BIGBANG)、本郷奏多、大谷健太郎監督がステージに登場した。

それぞれ軽い自己紹介を終えたあと、話題はV.Iによる主題歌「空に描く思い」について発展し、V.Iによる主題歌のライブへ移行。

サプライズの展開と、ステージを降りて客席を練り歩きながら歌うV.Iにファンは大熱狂し、この日1番の盛り上がりを見せた。

 

歌唱を間近で聞いた瀧本は感動した様子で「カッコよかったです!」とコメント。

しかしそれに対しV.Iは「瀧本さんは最初BIGBANGが好きと言っていたんですけど、

実際曲を聴いてもどのメンバーが歌っているのかわかっていなかった」と会場の笑いを誘った。

 

ドラマ全体の感想を聞かれた3人は「最初に台本を読んだときは美羽じゃなくスンホに感情移入してしまって、切ないなと思いました(瀧本)」

「僕だったら好きな人に「好き」って言っちゃうんですけど、スンホは我慢して見守ってるタイプで、良い人だなーて思いました(V.I)」

「恋愛ドラマは初めてで、しかも女子に憧れられるような男の子の役で不安だったんですけど、V.Iさんのスター性を見習いながら演技しました(本郷)」

「微妙な心のすれ違いがキレイなセリフで繰り広げられていて、それを3人が一言一言丁寧にやってくれたので、純粋に良いお芝居が楽しめました(大谷)」と語った。

 

そのあと、大学で“恋愛学”を教えている早稲田大学・森川友義教授を迎え“指恋メールクイズ”と題した、クイズ形式で日常におけるメールの恋愛力をはかる企画へ。

観客は予め会場で配られていた4色のカードを使って4択問題に答えるという形で参加した。

 

1問目「ずっと気になっていた人とアドレスを交換できました。一番最初にどのようにメールを出したら良いでしょうか?」という問題では、

V.Iが選択肢の中から「ずっとアドレスを聞きたいって思っていたから本当に嬉しい! 今度ご飯でも行こう!」という男性としての正解を選び、ファンから拍手を浴びた。

V.Iは「積極的な男・V.Iです!僕はせっかちなので『ご飯行こう、いつ空いてる?』とすぐ聞いちゃうタイプですね」と嬉しそうな様子。

森川教授の「女の人は告白しちゃいけない、男の人にいかに告白させるかが大事」という解説には一同感嘆。

 

続く2問目「とても気になる人との初デートの待ち合わせ10分前に、急遽重要な仕事が入ってしまいました。なんとメールしますか?」という問題では

本郷が「急に仕事が入っちゃった…明後日だったらあいているんだけど、 どうかな?」の回答を選択。

本郷の「こっちのミスなので、次の代替の措置を提案します」というクールな説明に、不正解ながらも観客は納得の拍手。

この問題の正解であった「仕事をしないで、デートに行く。」に対してV.Iは「仕事をしないとBIGBANGからはずされるかもしれないから」と笑いを誘った。

 

最後の3問目「初デートで飲み過ぎてしまって、飲み物を相手の洋服にこぼしてしまった次の日に相手から来た『昨日はすごく楽しかったね!あっ、洋服のことは気にしなくていいからね』への返信メールを考えて下さい」では、

瀧本の「私もすごく楽しかった!楽しくてはしゃぎ過ぎちゃったみたい。今度はゆっくり過ごしたいなあ。」という回答を森川教授が「こんなメール来たらメロメロですよね。ラブが溢れていて素晴らしい」と絶賛した。

 

この3問で、メールの偏差値ランキングが1位V.I、2位瀧本、3位本郷と発表され、V.Iは嬉しさのあまり観客に「今日アドレス書いてくれたら…給料渡します」と宣言し観客は大盛り上がり。

瀧本もすかさず「言いましたね?ほんとに渡してくださいよ?」とツッコんでいた。

 

最後に登壇者はそれぞれ「今日はほんとに皆さんに会えて嬉しかったです。短い時間でしたが、また会えるように頑張るのでこれからもよろしくお願いします(瀧本)」

「このドラマは僕の人生の中で1番大きい役を演じた作品です。僕も必死に頑張りました。人を愛したくなる今の季節にピッタリです。ケータイでどこでも見てほしい(V.I)」

「スタッフとキャストが高い次元で融合したドラマです。1話から最終話までご覧いただけると嬉しいです(本郷)」

「3人のお芝居がすごく素敵で、笑って泣けてドキドキする、大画面でも遜色ないほどの作品になっています(大谷)」と観客に向けてメッセージを述べ、イベントは終了した。

 

【イベント概要】

UULAドラマ『指恋(ゆびこい)~君に贈るメッセージ~』(12月4日配信開始)の配信記念イベント。

恋愛ドラマである本作が持つ「ドキドキ!」を3つのドキドキで表現する内容となっており、「指恋」第1話の上映、主題歌を担当するV.I(from BIGBANG)による、

主題歌「空に描く思い」のサプライズ初歌唱、指恋メールクイズを実施した。 

※“指恋メールクイズ”とは、本作のテーマである「メール」を使ったクイズを行い、会場のお客さんと共に、登壇者たちの赤裸々な“恋愛メール”の実態を暴く企画。

【補足事項】

・来場者について:UULA Webサイトと女性系WEB媒体で募集告知の上、抽選の結果選ばれたUULA会員・BIGBANGファンクラブ会員をはじめとする200名をご招待。

・イベントの模様は、アメーバスタジオにて生配信を実施。

 

◆『指恋(ゆびこい)〜君に贈るメッセージ〜』概要

○タイトル:指恋(ゆびこい)〜君に贈るメッセージ〜

○配信開始日:12/4(水) ※第1話から全12話(各10分程度)を週2回順次配信予定

○出演者:瀧本美織、V.I(from BIGBANG)、本郷奏多、山谷花純 / 寺島進、吉倉あおい / 菜々緒、片桐仁、YOU ほか

○主題歌:V.I(from BIGBANG)「空に描く思い」 (YGEX)

○公式HP:http://uula.jp/sp/yubikoi/

○ストーリー

話下手で恋愛も奥手な21歳女子大学生・美羽。

ほのかな好意を抱く同級生・正樹の事を、3年間ただ、素敵な人だと「想う」だけ。

大学内のアイドルである彼に想いを伝えるなんて無理!

どんな危険が待ち受けているかも分からない恋に飛び込むよりは、遠くからただ眺めているだけでいいと思っていた。

ホームステイで美羽の家にやってきた、韓国人・スンホと出会うまでは・・・

日本語を「話す事は出来る」が「文字を書くことが出来ない」韓国人のスンホにいきなり頼まれた、初恋の日本人へ送るラブメールを代わりに打ってあげる作業!

彼女への想いを言葉にする彼との奇妙な共同作業を続けていくうちに、美羽は憧れの人正樹への想いを膨らませていく。

そして想いを伝える為に、不器用ながらも少しずつ変わり始める。

それはキラキラと輝く宝石のようでありながら、同時に深く傷つき、悩み、自分の心の痛みと向き合うという重い代償を美羽にもたらす。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆UULA(ウーラ)概要

株式会社UULA(エイベックス・エンタテインメントとソフトバンクによる合弁会社)が運営するソフトバンクモバイルのスマートフォン向け総合エンタメアプリ。

映画やドラマ、アニメなど豊富な映像コンテンツに加え、ミュージックビデオやアーティストのライブビデオなど、多彩な音楽コンテンツをラインナップ。

さらに、映像と音楽のコラボレーションをテーマにしたオリジナルコンテンツまで、60,000以上のコンテンツが全て見放題。

【視聴方法】ソフトバンク店頭 または UULA Webサイトより会員登録 ? アプリをダウンロード

【対応機種】SoftBankスマートフォン(Xシリーズを除く/Android4.0以上)、iPhone/iPad(iOS5.0以降)

【月額情報料】月額490円

【公式サイト】uula.jp

関連タグ: