image

光振興・旅行促進活動を音楽コンテンツを通して展開する音楽レーベル、JTB MUSICが、新しいダンス&ボーカルユニット「Runningman Tokyo」を結成しました。

同ユニットは、「世代や国境を超えるミュージックエンタテインメントの創出」をコンセプトに、「音楽で世界を旅する」「世界への挑戦」をテーマにした楽曲で、J-POP、ワールドミュージック、ダンスを融合させた新しいエンタテインメントコンテンツを創出していきます。

メンバーは、「ダンス界のレジェンド」として国内外で活躍し続けているダンサーのKAZU、MARK(EX.ZOO)、HISAMI(EX.ZOO)とハイトーンボイスと高い表現力を併せ持つボーカル、Stephanieの4人。ユニット名は「ランニングマンを制する者はダンスを制する」とまでいわれているほど、ダンスの基本となる大切なステップ「ランニングマン」を由来とし、メンバーの現役感とスピード感を表現しています。

さらに、サウンドプロデューサーとして、1991年にZOOに提供した「Choo Choo TRAIN」がメガヒットし、以降、作詞・作曲・プロデュースなど多岐にわたる活動を続ける中西圭三が参加し、日本と世界の人々の心を打ち奮わせる感動を生み出していきます。

中西は「プロジェクトに関わる全員が『世界に向かって飛び出していけるような音楽を目指そう』『音楽で世界を旅しよう』『そういう思いを伝えられるような活動をしよう』という思いで集まっています」とユニットに込めた思いを明かし、「そんな思いを表現して、世界へ飛び出す可能性にチャレンジしたいと思っています」と展望を告白。

記念すべき1stシングル「BECAUSE」は、世界につながる空の旅をイメージさせる爽快感と、旅立ちの胸躍る高揚感を軽快なサウンドで表現。作家陣は、「Choo Choo TRAIN」を生んだ中西圭三と佐藤ありすが22年ぶりに再び強力タッグを組んで創作し、アレンジャーにはケツメイシなどの著名アーティストの楽曲を手掛けるYANAGIMANが担当するなど、かつてない豪華な顔ぶれによる2015年の注目ナンバーです!

同曲について中西は、「『新しい世界に飛び出していく』という意思表示のベクトルが伝わればいいなという思いで制作しました。メンバーも制作陣もキャリアを持っている人たちばかりで『無理のないところで気持ちよく、今できることを持てる力で精一杯やりたい』という思いが優しく絡まっている気がしていて、すごく素敵だなと感じています」と語り、「Runningman Tokyoとして、描ける明日に向かって全力で走っていきたいと思っていますので、よかったらぜひ、この旅にご一緒しませんか?」とファンにメッセージを寄せた。


■Runningman Tokyo 1stシングル「BECAUSE」

JTBMC-10009 250円(PC・スマートフォン)
1月28日(水)配信スタート
公式HP http://www.runningmantokyo.com/ 

 

 

関連タグ: