イ・ビョンホン 韓国ドラマ『IRIS-アイリス』記者会見PHOTO一挙公開!

                                           image

18日、都内で韓国ドラマ『IRIS-アイリス』の記者会見が行われ、韓国俳優のイ・ビョンホン(39)、韓国女優のキム・テヒ(30)がゲスト出演をした。会見には、日本の吹き替えを務めた俳優の藤原竜也(27)、城田優(24)、松方弘樹(67)、女優の黒木メイサ(21)、南沢奈央(19)、元格闘家の魔裟斗(31)も出席した。

同作は、イ・ビョンホンの6年ぶりの主演ドラマで、映画並みの200億ウォン(約15億円)の制作費をかけ、日本、ハンガリー、韓国で長期ロケを行った。イ・ビョンホンは特殊部隊の精鋭隊員キム・ヒョンジュンを演じ、スパイ活動によって人生を狂わされていくというスパイアクション。

イ・ビョンホンは「韓国でたくさんの人に愛されたドラマです。文化と感情表現の違う日本でどんな反応が見られるのか非常に期待しているところです。日本でもたくさんの方に愛されるドラマになってほしい」と笑顔で語り、「愛や友情、裏切りや復讐が見どころ」と話した。キム役の吹き替えを担当した藤原は「僕が今まで触れてきたことのない、刺激的なドラマ。精一杯頑張ります」と意気込んだ。(撮影:横山孝行)