<!–
@page { margin: 2cm }
P { margin-bottom: 0.21cm }
–>

image

8月21、22日に新潟県上越市で「謙信公祭」が行われ、22日には鎧、兜姿の武士たちによる出陣行列が行われた。甲冑を身にまとい白馬にまたがった“GACKT謙信”が、上杉軍を率いて出陣すると待ちかねたファンから「お屋形さま~!」と声がかかり、沿道を埋め尽くした観客から大きな歓声が沸いた。GACKTの号令で武者と観客が一緒に勝ちどきを挙げると祭りは最高潮に。

「謙信公が後世に届けたい思いを彼に代わって多くの人に伝えたいと思い、出陣を決めました。『この世の義奪われし時、時を超え、いつでも駆けつける』この言葉を、自分の言葉として受け継ぎたい」

と語るGACKTに歴女は大興奮。今から来年の参加を希望する声が、相次いだ。

 

写真/桑原 靖

 

 

関連タグ: