『第61回紅白歌合戦』民放を引き離す大人気!

                                image

12月31日、東京・渋谷のNHKで『第61回NHK紅白歌合戦』が行われ、紅組、白組と両者とも豪華なステージで会場を盛り上げた。今回、司会を務めたのは2010年にブレイクした人気グループの嵐と松下奈緒(25)。松下は、「緊張しました」と振り返った。視聴率出場歌手の最高は、大トリのSMAPが歌唱中だった午後11時33分の48.9%だった。今回は、休養中のサザンオールスターズの桑田佳祐(54)が復帰ライブを行うなど、見どころが満載。K-POPスターの参加がない中、予想を吹き飛ばす視聴率に国内ミュージシャンの人気の高さを見せつける結果になった。