三谷幸喜監督の最新作『ザ・マジックアワー』の初日舞台挨拶が7日、東京・有楽町の日劇1で行われた。当日は、佐藤浩市(45)、妻夫木聡(27)、深津絵里(35)、綾瀬はるか(23)、西田敏行(60)ら主要キャスト8人も登場。1ヶ月にも及ぶプロモーション活動を三谷監督と共にした佐藤は「今日でWコーチャンズも解散ですね。嬉しいような寂しいような」と話した。また、三谷監督にアドリブを禁止されたという西田は「最初は“なんでオレをキャストに入れたんだよ”とカチンときたけど、だんだん気持ちよくなりました。基本Mなんですね」と話し、会場を笑わせた。
(撮影・高田太郎)