喫茶店を経営するいい加減な父親とそんな父親にやきもきする高校生の娘、そして喫茶店に集まる常連客との奇妙な交流を描いた映画『純喫茶磯辺』の初日舞台挨拶が5日、都内で行われ、仲里依紗(18)、麻生久美子(30)らが登壇した。この日、主演の宮迫博之(38)が番組収録のため欠席。仲は「ダメですね。そんなところがメタボってます」とダメ出し。映画については「何も考えずに気楽に見れる映画です」とコメントすると、麻生は「何が起こるわけでもない、たいしたことない映画です。でも飽きさせない。監督の力です」とPRをした。
(撮影・鈴木高宇)