昭和の名曲『有楽町で逢いましょう』の歌碑が東京・有楽町に完成し、7日、除幕式が行われ、黒人演歌歌手・ジェロ(26)が同曲を熱唱した。歌碑は同曲の発売から約半世紀がたったことを記念し、地元の千代田区商店街連合会などが建立。歌い終えたジェロは「気持ちよく歌わせてもらいました。昔から知っていた大好きな曲」と満足げ。歌の題に合わせ「有楽町で逢いたい人は?」と聞かれると「逢ってくれるひとなら誰でも」と笑顔で答えた。
(撮影・江口明裕)