米女優・ジョディ・フォスター(45)が対人恐怖症で引きこもりの作家を演じたことで話題の映画『幸せの1ページ』のジャパンプレミアが19日、東京・新宿ピカデリーで行われた。ジョディは劇中に登場する2匹のアシカについて「彼らは私がこれまでに共演したどの俳優よりも素晴らしい演技力の持ち主。1頭は、劇中で私にキスするんですけど、あんまり気持ちの良い経験ではなかったわ」と苦笑い。舞台挨拶の最後には、映画のヒットを祈願して会場内に設置された“幸せ神社”で幸せ祈願が行われ、ジョディは「映画のヒットと、映画を見てくれるすべての人の幸せを祈ったわ」と話し、会場からは温かい拍手が送られた。

(撮影・鈴木高宇)

関連タグ: