9月20日公開のアクション大作『ウォンテッド』のジャパンプレミアが1日、都内で行われ、主演のジェームズ・マカヴォイ(29)、日本語吹き替えと日本版主題歌を担当するタレント・DAIGO(30)が登場。またスペシャルゲストとして、女優・黒木メイサ(20)がレッドカーペットに花を添えた。黒木はジェームズ演じる主人公について「最初はダメ男なのに、だんだんカッコ良くなる姿がすてき」とコメント。そこで記者から「(吹き替え版で主人公を演じる)DAIGOさんはどうですか?」と質問されると、「…もう少し落ち着いた男性がいいです」と苦笑い。DAIGOはふられた格好となった。

(撮影・.小山伸正)