パンダの生態をとらえたドキュメンタリー映画『パンダフルライフ』の初日舞台挨拶が8月30日、東京・新宿ピカデリーにて行われ、毛利匡監督とナレーションを務めた菅野美穂(31)が出席した。毛利監督は「パンダは本当に動かないから、諦めてカメラのスイッチを切った途端に可愛い動きを見せたりするんです。そういう苦労を何度も積み重ねて“パンダ時間”に身を任せられるようになりました」と撮影を振り返った。また菅野は「ふんわりモコモコでメタボなところがかわいい。意外とオヤジっぽかったり、パンダの見たことのない表情がたくさん見られます」と見どころをPRした。
(撮影・江口明裕)

関連タグ: