テレビ朝日開局50周年記念ドラマ『警官の血』の制作発表が21日、横浜市内で行われ俳優・江口洋介(40)、吉岡秀隆(38)、伊藤英明(33)らが出席した。同作は第138回の直木賞候補にもなった佐々木譲氏(58)の同名小説が原作で、終戦直後から現代まで60年にわたり正義と復讐のために生きた3世代の警察官の姿を描く5時間の超大作。親子3代の警察官を江口、吉岡、伊藤が演じ、3代に立ち向かう刑事役を椎名桔平(44)が演じる。初代警官役の江口は「次の世代にどのようにつながっていくのか色んな目線で楽しんでもらえると思う」とPRした。
(撮影・桑原靖)

関連タグ: