日本テレビ系ドラマ『夢をかなえるゾウ』の製作発表が17日、都内で行われ、女優・水川あさみ(25)と俳優・古田新太(42)が出席した。原作が135万部を超え、社会現象にもなっている同作は、モテたいと願うダメOLがゾウの姿をした神様・ガネーシャと出会い、ガネーシャから出される課題をクリアしていくことで人生の成功をつかんでいく物語。主人公のOLを演じる水川は、自身のかなえたい夢について「素敵な男性と恋愛して、結婚したい。撮影が終わる頃にはフェロモンで自分の周りがピンク色になるよう頑張ります」と、乙女な本音を話した。一方、ガネーシャを演じる古田は「お酒とタバコを控えてガンマ値を下げたいですね」と、こちらはオヤジの切実な願いを語っていた。

(撮影・桑原靖)

関連タグ: