中島哲也監督(49)の最新作『パコと魔法の絵本』の初日舞台挨拶が13日、都内で行われ、役所広司(52)、アヤカ・ウィルソン(11)、劇団ひとり(31)ら総勢11名が出席した。役所は「どうも、クソジジイの大貫を演じました役所です」と挨拶。一見しただけでは正体不明のメイクには3時間もかかったそうで「まだ暗いうちに、誰よりも早く撮影所に行っていました」と苦労話を披露した。また劇団ひとりは「母親に“あんた、ポニョと魔法の絵本に出てるでしょ”と言われた。年配者はタイトルがごっちゃになってるみたい」と会場を笑わせた。
(撮影・加治屋誠)