眼鏡が似合う著名人に贈られる『第21回日本メガネベストドレッサー賞』の表彰式が1日、都内で行われ、女優・上野樹里(21)、ビーチバレー選手・浅尾美和 (22)らが受賞した。“今後眼鏡を掛けて欲しい人”として特別賞を受賞した上野は「普段は眼鏡をかけないので不思議な感じ。これから眼鏡をかける役を演じる時にはユニークなものをかけたい」と受賞の喜びを語った。スポーツ部門で受賞した浅尾はサングラスを頭にかけた姿で登場し「試合中、相手に目線で打つ場所を悟られないためにサングラスは重要。10本以上は持っています。受賞できてうれしい」と笑顔でコメントした。

(撮影・鈴木鍵一)

関連タグ: