タレント・スザンヌ(22)が、9日、神奈川・横浜美術館で開催中のポール・セザンヌの絵画展『セザンヌ主義 父と呼ばれる画家への礼讃』の“おしかけ1日館長”を務めた。近代絵画の父と呼ばれるセザンヌと1字違いのスザンヌは、「マブダチなみの友達になったかな。セザちゃん、スザちゃんと呼び合いたい」と勝手に親友宣言。右脳フル回転の感性で5分ほどで製作したといクリオネの絵を披露し「絵を描いている時はセザンヌが乗り移っている感じだった」と出来栄えにご満悦の様子だった。 同展は来年1月25日まで。

(撮影・鈴木高宇)

関連タグ: