ニュース写真で今年1年を振り返る『2008年報道写真展』のオープニングセレモニーが19日、東京・日本橋三越本店で始まっり、北京五輪のソフトボールで金メダルを獲得した上野由岐子投手(26)と、シンクロナイズドスイミング銅メダリストの原田早穂(26)、鈴木絵美子両選手(27)がテープカットを行い、展示された各選手の写真パネルにサインした。同展では、協会賞に輝いた毎日新聞・小出洋平記者の『秋葉原ホコ天で凶刃に倒れる男性』、国内企画部門で奨励賞を受賞した同・佐々木順一記者の、殺処分される犬たちの姿を追った『5日間の命』など約250点が展示されている。入場無料で28日まで。

(撮影・桑原靖)