女優・蒼井優(23)が8日、都内で行われた映画『いけちゃんとぼく』の公開アフレコを行い、会見した。同作は“絶対泣ける本第1位”にも選ばれた西原理恵子原作の絵本を実写映画化したもの。少年のそばにいつもいる、不思議な生き物“いけちゃん”の声を担当した蒼井は「本当にすてきなファンタジーに仕上がっています。かつて子供だった皆さんにも昔のことを思い出してもらいたい」とアピールした。アフレコ現場に立ち会った西原氏は「こんなにしょぼいのに声を当ててもらって申し訳ない」と恐縮しきりだった。

(撮影・江口明裕)