北京五輪のメダリストである競泳の北島康介選手(26)とソフトボールの上野由岐子選手(26)が『バカラ アスリーツ・オブ・ザ・イヤー アワード2008』に選ばれ、授賞式に出席した。同賞はクリスタルブランド『バカラ』主催で、競技などを通じて人々に勇気と希望を与え、社会を明るい希望 で照らし"クリスタルのように輝いた"アスリートを表彰するもの。大胆な背中が空いたドレスで出席した上野選手は、「ソフトの試合より緊張します」とはに かみながら話し、北島選手は「初めてお会いしましたがびっくりしています。きれいだなあ〜って」と照れ笑いしていた。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: