東京・銀座で19日、『ブルガリブリリアント・ドリーム・アワード(BDA)2009』の授賞式が行われ、授賞式後のイベントに元サッカー日本代表選手の中田英寿(32)が参加、トークショーを行った。サッカーを中心とした地域振興やチャリティーイベントなどを行う財団法人『TAKE ACTION FOUNDATION』を設立したばかりの中田は、チャリティー活動の一環である『ライフ・アフター・フットボール』プロジェクトの意義を説明し、「楽しい試合をしたい。携帯投票で決めた最優秀選手に、ブルガリが時計をプレゼントすることが決まった」とブルガリとの協力体制を語った。(撮影:小山伸正)

関連タグ: