肺炎のため昨年12月に死去した故・飯島愛さん(享年36)のお別れの会が1日、都内で行われ、発起人の中山秀征(41)、島田紳助(52)ら芸能関係者 700人、ファン1500人が参列した。発起人としてお別れの言葉を送った中山は、遺影をじっと見つめ「美人薄命とはよく言うけど、その通りですね。あな たは日本の(マリリン)モンローですよ。ありがとう、愛ちゃん。また会おう!」と号泣した。会場には生前の写真など、飯島さんの思い出の品も展示された。 また、この日の香典は、飯島さんが生前取り組んでいたエイズ撲滅運動のために日本エイズストップ基金にすべて寄付されるという。(撮影:高田太郎)

関連タグ: