5月6日に89歳の誕生日を迎える女優・森光子(88)が、同日に2000回公演を達成する舞台『放浪記』の制作発表を26日、都内で行った。森は「みなさんWBCの取材でお疲れでしょう」と取材陣をいたわり「こんなに長くやるなんて思わなかった。いつまでも健康で若くありたい。この役を放したくない」と感慨深そうに語った。去年封印した”でんぐり返し”は「2000回特別バージョンも考えたけれど、舞台から落ちたら大変」と今年も封印継続。サプライズで届いた水泳の北島康介選手(26)からの花束には「うれしくてなんも言えねえ!」と冗談を飛ばしていた。(撮影:小山伸正)