作家・栗本薫さんが26日午後7時18分、すい臓がんのため亡くなった。享年56だった。
夫の今岡清さんが、悲しみも癒えぬまま、最期の様子を語ってくれた。
「最期は息子と妻の母親とで彼女を看取ることができました。
彼女も家族に囲まれて、静かに息を引き取りました」79年から発表の長編ファンタジーシリーズ『グイン・サーガ』(早川書房刊)は、この4月の発売で第126巻。栗本さんはギリギリまで、世界最長の小説を書き続けたのだ。
本誌取材班が執念で書き続けた作家・栗山薫の真実に迫ります。