アメリカ現地時間の6月25日、米人気歌手マイケル・ジャクソンさんが死去したと、CNNが報道。享年50歳。
午後12時21分、ロサンゼルス西にある歌手のマイケル・ジャクソンさんの自宅から救急911コールがかかり、緊急医療隊員が駆けつけた時には、すでに心肺停止に陥っていた。その後、蘇生措置を行い一時的に心肺は回復し、ロサンゼルス市内のUCLAメディカルセンター病院に搬送されたという。
プライバシー保護の観点から昏睡状態の患者についての詳しい情報は明かしていなかったが、現地時間午後3時すぎに地元紙LAタイムズがよって死亡が確認された。
CNNの報道では、ジャクソン家の弁護士、オックスマン氏によるとマイケルと共にいたのは弟のランディ・ジャクソン氏。その他の家族には、病院への搬送中に連絡があったという。

また、キング・オブ・ポップとまで言われたマイケル・ジャクソンさん。
今年7月から来年3月にかけて大規模なカムバック・コンサートを予定していた。代表作、「スリラー(Thriller)」や「ビリージーン(Billie Jean)」などもその演目の中に含まれたという。ロンドンで予定されていた50の公演は数分でチケットが完売するなど、ファンがツアーを期待していた矢先の出来事だったと、米MSNBCニュースが伝えている。

なお、詳しい死因などについては前述のUCLAメディカルセンターにて会見が予定されている。

【関連リンク】地元紙L.A.タイムズ
【関連リンク】CNNニュース
【関連リンク】MSNBCニュース

【連載記事】Breaking News!マイケル・ジャクソン急死 (ロミヒートンプソンのハリウッド通信)